メルシーポットは生後1ヵ月でも使える?使い方のコツや注意点は?

メルシーポットは生後1ヵ月でも使える?使い方のコツや注意点は?

↓このような事が気になっているママ・パパはぜひ参考にしてください。

  • 電動鼻水吸引器メルシーポットは生後1ヵ月(新生児)から使えるのかな?
  • 使い方のコツや注意点を知りたい

赤ちゃんって鼻の穴も小さいし、鼻水を取ってあげるのがすっごく大変ですよね・・・。

赤ちゃんの小さい鼻の穴がふさがりそうな鼻水、奥の方に溜まっている赤ちゃんの鼻水を

\どうにかとってあげたーい!/

鼻水吸い出してあげたらすっきりするのになぁ・・・

スポンサーリンク

メルシーポットは新生児に使える?生後1ヶ月から使用できる?

まず、結論から⇒「生後1ヵ月なら問題なく使えます」

新生児に使っても大丈夫なのか?生後1ヶ月や2か月でも使用できるのか?公式ショップにお問い合わせしてみました。

新生児の方からご使用できる商品ですのでご安心ください

ということです。

一般的に新生児とは、生後0日から28日未満の赤ちゃんのことを言うので、生まれたてでも使えるということになりますね。

また、メルシーポットを作っているメーカーのHPにも以下のような記載がありました。

Q.【鼻水吸引器全般】何歳から使えますか?
A. 0ヶ月の赤ちゃんはもちろん、花粉症で悩まれている大人の方まで幅広くご使用いただけます。

引用元:シースター株式会社公式HPより抜粋

0か月の赤ちゃんから大人まで使えるんですね。

すぐ使えなくなってもったいなかった!・・・ということもなさそうです。

長いこと使えますね。

メルシーポットの口コミを見る楽天みんなのレビュー

スポンサーリンク

メルシーポットは神アイテム?メリット・デメリットは?

メルシーポットは雑誌でも取り上げられ「神アイテム」と評判の電動鼻水吸引器です。

「買ってよかった」「なんでもっと早く買わなかったんだろう?」という感想が多数ですよ。

赤ちゃんのしつこい鼻水がジュゴッと吸引できるんですって!

パワフルな吸引力で、買った人の感想でも吸引力が耳鼻科並みという声も。

神アイテムと評判ですが、メリット・デメリットはありますね↓

◎吸引力がハンディタイプより良い
◎コンセントタイプなので途中でパワーダウンしない
△想像よりも音がうるさい
△洗う部品が多い

お手入れラクと宣伝されていますが、洗う部品が11個あるので「手間がかかる」と感じるかも知れません。

メルシーポットの使いすぎは良くない?

メルシーポットのような鼻水吸引器は耳鼻科の先生もおすすめしていますが、やりすぎは耳への負担もあります。

正しい使い方をすれば安全と言えますよ

また、吸引力が強いのでむやみやたらと吸引力最大で吸うと、鼻の粘膜を痛めてしまいます

強く吸引しすぎると、鼻血の原因にもなってしまいます。

メルシーポットの使い方のコツ

鼻水をうまく吸い出すのに大切なのは「鼻の穴に入れる時の角度」です。

鼻水吸引器の入れ方で参考になる動画がありましたので紹介しますね。

道具はメルシーポットではないですが、鼻水を吸い出す時の参考になります。

鼻水は喉へ降りてくるようになっています(後鼻漏)。

風邪をひいて鼻水がネバつていくると、鼻と喉の間に絡まったようになりますよね?

鼻水が喉に降りてくる時に粘度(膿度)が高いと絡まっちゃうんです。

なので、ガンコな鼻水は鼻の後ろの方にも溜まっています。

メルシーポットの使い方のコツ

  • 最初にパッキンに水を付け空気が漏れないようにする
  • 鼻水の溜まっているところを探すように優しく角度を変えながら吸い出しす
  • 耳にも負担をかけないように3~5秒の吸引を繰り返す

・・・そういえば、耳鼻科で子供の鼻水を吸引してもらった時、先生は吸引器を鼻に入れてぐりぐり(優しく)角度を変えながら短時間で吸引していました。

あ、こういう感じか!って思いました。

メルシーポットは新生児から大人まで使えます

新生児から大人まで使えるメルシーポット。新生児、1ヶ月や2ヶ月の赤ちゃんでも、鼻が上手くかめない子供でも使えます。

大人でも鼻水詰まっていると、頭もぼーーっとしてきますよね。赤ちゃんや子供も鼻水たくさん溜まっていたら苦しいです。鼻水は中耳炎の原因にもなるようなので、できるだけ取ってあげたいですしね。

上手に使えば耳鼻科に行く回数も減りそうだし、いつでも鼻水を吸ってあげられるのは嬉しいですね。

子育て
スポンサーリンク
くらしらいく
タイトルとURLをコピーしました