産後の骨盤ベルトはいつからつける?つけずに起こるトラブルとは?

生活

いよいよ出産間近の臨月。お腹も大きくなって、体の負担も増えてきますよね。腰が痛い…と感じるプレママも多いのではないでしょうか。

私は、臨月に一気にお腹が大きくなり、腰痛がとても辛かったです。

そして、「出産直後はバタバタしそうだけど、自分自身の体のケアもしたい」と思っても、具体的に何をしたらいいかわからず、悩んでいました。

そんな時、骨盤ベルトの存在を知って、すぐに準備!実際に、産後は骨盤ベルトに助けられました。

今回は、骨盤ベルトはいつからつけるべきなのか、骨盤のケアをしなかった場合、どんなトラブルが起きてしまうのかをご紹介します。ぜひ、参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

産後の骨盤ベルトはいつからいつまでつけておくべきなのか

骨盤ベルトって何?

そもそも、骨盤ベルトとは何でしょうか?妊娠や出産はママの体に大きな負担がかかります。なかでも、骨盤への負荷は大きいもの。

妊娠や出産のために開いた骨盤を、元の位置に整えるサポートをして、ママの体の回復を助けるのが骨盤ベルトです。

骨盤ベルトはいつからつけるべき?

では産後、いつから骨盤ベルトをつければいいのか気になりますよね。推奨されているのは「出産直後から」です。

でも、帝王切開で体の回復を優先させる場合や、医師の判断で使用が認められない場合もあります。骨盤ベルトを使い始めるときは、担当の医師に確認してからにすると安心ですよ。

使用期間は、一般的に産後1〜3ヶ月が目安。特に、産後1ヶ月頃はリラキシン(骨盤や周囲の関節が柔らかくなるホルモン)が分泌されているため、体の歪みを治すチャンスのとき!

ただ、歪みを治すチャンスであると同時に、歪みを作りやすい時期でもあるので、この時期に骨盤ベルトなどで、しっかり骨盤のケアをすることが大切です。

骨盤のケアは、後ほど紹介する様々なトラブルを防ぐために必要なことですが、骨盤ベルトを使用することによって、圧迫感を感じたり、体調不良が引き起こされることもあります。

それは、自分に合っていないベルトを使用しているからであったり、骨盤が締め付けられることによって悪露の排出が悪くなり、体の回復が遅れることが原因であったりします。

何か違和感を感じたときは、一旦骨盤ベルトの使用を中止しましょう。骨盤ベルトには様々なタイプがありますが、自分に合うものを選ぶことが重要です。

店頭で実際に試着するのがベストですが、それが難しい場合は、ざっくりとしたサイズ感(MかLかなど)ではなく、メジャーなどでしっかり長さを計って、自分に合うサイズを見つけて、選ぶようにしてくださいね。

スポンサーリンク

骨盤を歪んだままにしておくとおこるトラブルと骨盤ベルトの効果

産後、骨盤ベルトなどを使用せず、何もケアをしなかった場合はどうなってしまうのでしょう…?

太りやすい体質になる

骨盤が開くことによって、内蔵の位置が下がります。すると、内蔵の機能が低下し、代謝が悪くなってしまいます。

代謝が悪いと太りやすくなり、ダイエットをしているのになかなか効果が出ない!ということも…。

腰痛・恥骨痛・尾てい骨痛

産後、ママの体は骨盤ベルトをしていなくても、妊娠や出産で開いた骨盤を元の位置に戻そうとします。

これは体の回復を促すホルモンの働きによるものですが、何もサポートがない状態だと、うまく元の位置に戻らないことがあります。それが骨盤周辺の違和感や痛みに繋がります。

尿漏れ・頻尿

骨盤底筋の緩みが原因で起きてしまうもので、出産後は多くのママが経験します。

骨盤底筋とは、子宮や膀胱などの腹部臓器を支えている部分です。筋トレをすることで鍛えられるので、簡単な筋トレを行うのもおすすめです。

骨盤ベルトの効果

上記の3つを予防し、妊娠や出産で緩んだ骨盤を安定させて、歪みを整える効果があります。

実際、私は産後2ヶ月頃まで骨盤ベルトを着用していました。いつから使用するべきなのか迷っていましたが、お世話になった産婦人科は、入院の持ち物リストに骨盤ベルトが入っており、出産直後からベルトを使用するように言われました。

当時は痛みが軽減されているかな?くらいの感覚でしたが、産後、骨盤周辺の痛みが長引くことなく、体型の戻りがスムーズだったのは、ベルトで骨盤のケアをしていたからかもしれません。

まとめ

もうすぐ初めての出産、そして出産直後からは初めての育児が待っています。どんなことも「初めて」は緊張しますよね。不安もあると思います。

でも、出産直後から始まる育児は、おもしろいくらい我が子に振り回されて、とにかく一生懸命に一日を過ごすという日々が続いていきますよ!

産後は赤ちゃん中心の生活に一変しますが、自分の体のケアも忘れずに行ってくださいね。産後、体の回復がスムーズにいかなかった場合、その後の育児にも影響が出てしまうかもしれません。

骨盤ベルトは手軽に取り入れられるのでおすすめですよ。いつから取り入れて良いのかは、担当医に相談してみてくださいね。

出産前に自分に合うものをじっくり選んで、産後の骨盤ケアに備えましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました