切り花のおすすめポイントと初心者さん向け切り花の選び方!

生活

あなたは、今のお部屋に満足していますか?

「なるべくシンプルな部屋にしたいのはあるけど、これじゃあ殺風景すぎる」

「センスがないから、小物を買う勇気がない」

「無駄なものは増やしたくないけど、華やかな女性らしい部屋にしたい」

「お部屋を華やかにしたい。でも、部屋も狭いし手の込んだことはできない」

そう思っていませんか?そうですよね。あなたのその気持ち、よ~くわかります。

私も、不必要なものは極力部屋に置かずに、部屋はきれいな状態にしておきたいのですが、それだけだと本当に殺風景で、地味なお部屋になっちゃうので、どうにかお部屋に華やかさが欲しいな、って思ってました。

そこで私が出会ったのは、切り花です。切り花のおかげで、今の私のお部屋は常に華やか。雰囲気も女性らしい部屋になりました。

そこでこの記事では、お部屋を華やかにしたいとお思いのあなたのために、切り花でお部屋を華やかにすることの良さをご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

切り花ならではのメリット

お部屋を華やかにするのに、私が切り花をおすすめする理由がいくつかあります。

センス不要!

私は、残念ながら美的センスが全くありません。でも、私のお部屋に友人が来ると、みんなそろって「こういう部屋いいね!すごい、華がある!」といってくれます。

切り花は、存在自体が美しいものです。なので、部屋に飾っておくだけで、私たちが特に頑張らなくても、それなりに華やかな空間を、花が、作ってくれます。

気分に合わせて花を変えられる

雑貨や家具、小物アイテム、鉢植え、などでお部屋を華やかにアレンジしようと思うと、もし、気分や趣味が変わったときにとても困ります。

なぜなら、そういったものは、不要になった時に捨てるかクローゼットの中に保管しておかないといけないからです。

それって結構手間ですよね。安くない買い物だったなら、捨てにくいし、かといって押入れの奥に置いておいても邪魔。

切り花なら、数百円という安い価格から手に入りますし、枯れたら簡単に捨てられます。気分に合わせてコロコロいろんな花を飾ることができるんです。

お手入れが楽

鉢植えの花だと、肥料をあげたり、水もあげすぎると根腐れをしてしまったり、最悪の場合は土に小さな虫が寄ってくる心配があります。

でも、切り花ならそんな心配も面倒なことも全然ありません。数日おきに、水を変えて、枯れた花は燃えるゴミに捨てるだけ。そう、お手入れがかなり楽なんです。

スポンサーリンク

好きにアレンジできる

切り花、と一言に言っても、花の種類も色も形も様々。最近はテレビで、芸能人の生け花の才能アリ、才能ナシをランク付けする番組もありますし、いろんな生け方を見る機会も増えてきました。

自分流に花をアレンジして、あなたのお部屋をあなた好みの華やかな空間にすることが、簡単にできますし、何より楽しいんですよ。

数百円から始められる

「お菓子買うお金があったら花を買え」が私のモットーです。お菓子は食べたらあっという間になくなるし、余計なものが体についちゃいますが、花なら部屋をワンランク上にしてくれる上に、ゼロカロリーです。

仕事帰りに花屋さんにちょっと立ち寄って、1、2本気に行った花を買えば、気分も上がるし、当分はその花で楽しむことができますよ。

初心者さん向け、切り花の選び方

ここで、普段めったに花を買わないあなたのために、切り花を買うときのポイントをご紹介します。

つぼみのあるものを選ぶ

花を買うとき、満開の花が多いものを選んでいませんか?これ、初心者がよくやる失敗なんです。

というのも、よく考えてみれば分かることですが、花は、満開に咲いたら後は枯れるだけです。

満開の花が多いということは、あとは枯れるだけの花が多いということですので、花を楽しむ期間は短くなってしまいます。

一方でつぼみは、そこから少しずつ成長して、開花し、満開になり、という花の始まりから終わりまでを楽しむことができます。つまり、購入時につぼみが多い方が、長く花を楽しめるんです。

私は、購入時に咲いている花の数よりも、つぼみの多さをみて花を買います。

直感で「いい!」と思うものを選ぶ

花は生き物です。それぞれに個性があり、あなたとの相性もあります。あなたが初めてその花を見た時に「いい!」と思える花はあなたにとって相性のいい花ということなんです。

なので、あなたの直感を信じて、「いい!」「ほしい!」と思う花を選んでください。

まとめ

いかがでしたか?お部屋を華やかにする方法、切り花を使うととても簡単にお部屋を華やかにすることができます。

しかも、自分流のアレンジがいくらでもできるし、気分によって部屋の雰囲気をどんどん変えていくこともできるので、「どんなお部屋にしようかな」「どんな花を飾ろうかな」って、考えるだけでも楽しくなっちゃいますよ。

あなたもぜひ、お部屋に切り花を飾ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました