上履きの名前の上手な書き方は?きれいに書く方法やどこに書くかご紹介!

子育て

幼稚園の入園準備は、色々なものを準備しないといけませんよね。準備するものの一つに上履きがあると思います。名前をにじませないで上手に書く方法、ペンで名前を書く以外のもっと良い方法、名前を書く場所などいろいろ考えますよね。

私も一人目の子供の時に悩みました!

上履きに名前をきれい書いてもすぐに消えってしまって、何度も書き直さないといけなくなるのも嫌ですよね。

この記事ではそんな悩みを持っているあなたに上書きに名前を書くときのポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

上履きの名前の上手な書き方!「にじませないで」きれいに書く方法は?

いくつか上履きに名前を書く方法はありますが、一番多いのはペンで直接書く方法だと思います。

ただ、ペンで直接書くとなるとにじんでしまったりしますよね。

まずは、上履きに書いた名前をにじませない方法をいくつかご紹介します。

水で濡らしてから書く

水で上履きを軽く湿らす程度に濡らして名前を油性ペンで書きます。

こうするとにじまずに名前を書くことができます。霧吹きを使って濡らすとやりやすいです。霧吹きがない場合は100円ショップで購入することができます。

ヘアスプレーをかけてから書く

上履きにヘアスプレーをかけ、しっかり乾かします。乾いたら油性ペンで名前を書きます。

注意点はヘアスプレーの中に「コポリマー」という成分が含まれているものを使いましょう。まれに含まれていないヘアスプレーもあるので、必ず確認してください。

白チョークを塗ってから書く

黒板に文字を書くときに使用する白チョークを塗ってから名前を書きます。こうすると布がコーティングされるのでにじまずに書くことができます。

デコパージュ専用液を塗ってから書く

筆を使い布専用の液を塗り、しっかり乾かします。乾いたらペンで名前を書きます。さらにその上からデコパージュ用のトップコートを塗ると名前が消えにくくなります。

いくつか紹介しましたが、手軽にできる方法もあるので一度試してみてください。

にじみにくい布用専用ペンを使う

布専用のペン「タフウォッシュ」というのがあります。

これで書くとにじみにくいし、洗っても取れない(書いた文字が薄くならない)のでとっても便利です。

参考リンク⇒PILOT 布書きペン「タフウォッシュ」

自分で書かずに済むグッズもおすすめ!

自分の字に自信がないので、上履きに名前を手書きで書きたくないという方もいますよね。私もそうでした。できるだけ自分で書かなくていいのなら書きたくない。

そんな私が上履きの名前を書くときに使ったのはお名前スタンプです。

色々なサイズの名前のスタンプを作ってくれるセットをネットで購入することができます。布用のインクもついています。

私は入園準備でこのセットを購入し、上履きの名前もこのスタンプで書きました。布用のインクなので、にじまずに書けますし、洗っても消えることなく残っています。

お名前スタンプは一度買ってしまえば、上履き以外にも色々名前を書く際に使えるので、おススメです。

その他にもアイロンタイプの名前シールを使う方法や、

参考リンク⇒上履き用 お名前シール

かかとのタグに記名用のチューブをゴムでつける方法もあります↓

スポンサーリンク

上履きに名前を書かなくても大丈夫「くつデコミニ」

上履きだけに使うなら、お名前スタンプよりもシールやくつデコのほうが安くていいかも知れません。

上履きの名前を書く場所って決まってるの?

名前を書く場所は?

園の方からここに書いてくださいと指示がある場合は、指示のある場所に名前を書きましょう。

上履きのここに書いてくださいという指示がなくても、「お友達と間違えないようにわかりやすい場所に書いておいてください」と言われたりします。わかりやすい場所ってどこなのと思いますよね。

うちの子が通っている幼稚園でも上履きの名前の書き方については特に指示がありませんでした。

実際に入園して他の子の上履きの名前の場所を見て多かったのはこちらの2か所でした。

かかと

上履き 名前 かかと

甲の部分

上履き 名前 甲

かかとに名前を書くと下駄箱に入れたときに見やすくなります。甲の部分に名前を書くと、靴を脱いだ状態で並べた時に見やすくなります。

うちの子が通っている園では上履きを下駄箱に入れて保管していて、あまり脱いだり履いたりということがなさそうだったので、自分の名前が見つけやすいようかかとに書きました。

これは園によって違うので、名前を書く前に確認してみてもいいかもしれません。かかとと甲の部分両方に書いている人もいました。

名前を書く向きは?

名前を書く場所が決まったら、次に悩むのは名前の書く向きですよね。

かかとの場合、縫い目の部分に上から下向きに縦書きするのか?横書きするのか?

甲の部分の場合、履いた時に自分で読める方向で書くのか?相手から読める方向に書くのか?

一般的には履いた時に自分で読める方向で書く方が多いと思います。ただ、園によっては上履きを脱いだり、履いたりが多いところもあったりしますよね。

その場合相手から読める向きで書いておいたほうが並べて置いてあるときにわかりやすくなると思います。迷った時には、同じ幼稚園の他の方の書き方を参考にしてみてもいいかもしれません。

うちの子の場合、名前を一番確認しないといけないのは、下駄箱から取り出すときだと思ったので、下駄箱に入れた時にわかりやすいようにかかとの部分にフルネームで横向きに名前を書きました。

下の名前だけ書く場合は縦書きでもいいですね。

さいごに

上履きの名前の書き方のポイントについてご紹介しました。

上履きの名前をにじませないで上手に書くには

・水に濡らしてから書く
・ヘアスプレーをかけてから書く
・白いチョークを塗ってから書く
・デコパージュ専用液を塗ってから書く
・滲みにくい布専用のペンを使って書く

などの方法があります。

そもそも、自分で名前を書きたくない!…という場合には

・お名前スタンプ
・お名前シール
・くつデコ

なんかも便利です。

名前を書く場所は指定が無い場合は、

・かかと
・甲の部分

に書くと良いです。

名前を書く向きは、甲の部分は履いた時に自分が読めるように書くのが一般的のようですね。

かかと部分はフルネームなら横書きしないと入り切らないかもしれませんが、名前だけなら縦書きも良いですよ。

新しい上履きに上手に名前を付けてあげてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました