じゃがいも種芋の切り口のカビは大丈夫?植え付け時期と簡単な植え方

じゃがいもの種芋の切り口のカビは大丈夫?生活

じゃがいもの種芋の切り口にカビが生えちゃったけどそのまま植えても大丈夫?にお答えします。

私のやっているじゃがいもの種芋の切り方、保存方法、簡単な植え方もご紹介しますね。

家であまったじゃがいもをそのまま種芋に使えるかどうかもお伝えします。

スポンサーリンク

じゃがいもの種芋の切り口にカビ!植え付けてもちゃんと育つ?

種芋を切って乾かして、いざ植えようというときに切った面にカビが生えていることがあります。

このまま植えても大丈夫かな?と思いますが、体験談から言えることは、そのまま植え付けても問題ありません。

私はずぼらなので、種芋を切ってから2週間近く放置してしまいカビが生えたり、芽が伸びすぎてしまうこともありますが、そのまま植えています。

ちゃんと育っています。

私が普段やっている、簡単な植え方(置き肥)についてはこちらの記事で写真付きでご紹介しょいています。ぜひ参考にしてください。

じゃがいもを置き肥で植え付ける方法【写真あり】簡単手間なしずぼらOK☆
じゃがいもの置き肥植え付け方法です。Eテレ野菜の時間を見て「置き肥」を知ってからじゃがいもの植え付けはずっとこの方法です。写真付きで私の置き肥のやり方をご紹介しています。簡単です。

じゃがいもの植え付け時期

関東の平野部の気候(暖地・中間地)ならば2月中旬~3月下旬

じゃがいもの収穫は植え付けてから100日程(3か月ちょっと)です。なので3月の始めに植え付ければ、梅雨の前に収穫できます。

私の住んでいるところは、長野県北部の寒い所(寒冷地)なので、4月中旬に植え付けています。2年間の記録だと、平成29は4/16、平成30年は4/14にじゃがいもを植え付けています。

近所のおばちゃんは4/24に植え付けたと言っていました。

植え付け前にホームセンターなどで、種芋を買ってきます。

じゃがいもの種芋の保存方法

買ってきた種芋をすぐに植え付けない場合は、なるべく涼しくて日の当たらないところが良いです。暖かい場所に置いておくと、植え付け前にどんどん芽が成長します。

私の家は玄関が一番涼しいので、段ボールに種芋を広げて置いています。

じゃがいもには「休眠期」というのがあって、休眠期には発芽しないそうですが、ホームセンターなどで一般的に売られているじゃがいもの種芋は、しっかり発芽するように休眠期が終わりになっています。

自家製の種芋は使えるか?余ったじゃがいもを種芋にしたい!

去年収穫したじゃがいもの余りを、そのまま種芋に使えるか?ということですが、自家製の種芋はできればやめた方が良いようです。

なぜかというと、自家製の種芋は見た目には分からない病気を持っている場合があるからです。(食べても大丈夫)

専門家は自家製の種芋(家で採れたじゃがいも)はオススメしていません。

また、食用として売られているじゃがいもは芽が出ないように放射線処理されているので、種芋には使えませんよ!

種芋を作るのはとても難しく、見た目では分からないウイルス病などを持っていないかを公的機関で調べています。

自家製の種芋はウイルス病にかかっている確率が高いので、できれば市販の種芋を購入することをおすすめします。

私もこれを知るまでは、余ったじゃがいもを種芋にしていました。今年は、実験のために自家製種芋と市販の種芋を栽培して比べてみました。

自家製の種芋で栽培してみた結果

試しに1列だけ自家製の種芋を植えてみて、比べてみました。

結果、自家製の種芋が原因かどうかははっきり分かりませんが、自家製の種芋で栽培したじゃがいもには、裂果が多かったように思います。

スポンサーリンク

近所のおじちゃんも自家製の種芋を使っていると言っていましたが、専門家は自家製の種芋はオススメしていません。

じゃがいもの種芋の切り方

植え付けの2~3日前に切ります。

種芋は、切り分けた1つが50g(卵1個分)の重さになるくらいに切ります。(Eテレのやさいの時間では70g以上のじゃがいもは切り分けると言っていました)私はだいたい1/2にカットしています。小さければ切らずに、そのまま植え付けます。

できるだけ芽のないところを選んで包丁で切り分けます。種芋の切り分けって緊張するのですが、切り分けた一方の方の芽が少ないなぁっと思っても、だいたい発芽してくれます。

それほど神経質にならなくても大丈夫でした。

種芋の切り口の消毒方法、乾かし方

「草木灰を切り口につける」という方法がよく言われていますが、切り口に消毒しないで(何もつけないで)、切り口を1日程天日に当ててしっかり乾かしても良いようです。

私は薪ストーブから出た灰(草木灰)を使っていますが、近所のおばちゃんは何もつけないで天日で乾かすと言っていました。

どちらでもカサカサに乾燥させれば、大丈夫のようです。

切った種芋の保存方法

切った種芋が乾いた後すぐに植え付けない場合は、段ボールに新聞を敷いて、切った面を上向きにして段ボールに広げておきます。その際は、なるべく風通しが良くて涼しいところが良いです。

私は玄関で保存しています。

じゃがいもの種芋の植え方

土づくり

土づくりなのですが、じゃがいもを植える前に特にやっていることはありません。

ある本で、土壌がアルカリ性に傾いていると表面のガサガサとした「そうか病」のじゃがいもになってしまうと学びました。

私の育てたじゃがいもの中にも、ガサガサとしたそうか病が発見され、それから石灰をまくのをやめました

ここ2年間、Eテレのやさいの時間の先生がやっていた「置き肥」という方法で植え付けしています。

種芋植え付け手順(置き肥の方法)

①畑をある程度耕します。

②深さ15cmほどの溝を掘ります。

あまり深植えしてはダメです。私の叔父さんが深植えして芽が出なくて失敗したと聞きました。

溝と溝の間隔(畝の間隔)はなるべく広い方が良いです。70cm以上が好ましいです。

私は1m間隔にしましたが、それでも大きく育ってくると、土寄せがしにくいと感じました。広く間隔が取れる場所でしたら、溝と溝の間は1m以上でもよいと感じました。

 

③切った種芋を切り口を下にして、30cm間隔(足一つ分の間隔)に置きます。

種芋と種芋の間に一握りのたい肥と化成肥料を置いていきます。この時、肥料が直接種芋に触れないように注意してください。

 

④土をかぶせます。水やりは不要です。

私は植えた場所が分かるように、溝の両端に棒を立てます。

 

じゃがいもの種芋の植え付け方法は以上になります。発芽するのが楽しみですね♪

じゃがいもを置き肥で植え付ける方法【写真あり】簡単手間なしずぼらOK☆
じゃがいもの置き肥植え付け方法です。Eテレ野菜の時間を見て「置き肥」を知ってからじゃがいもの植え付けはずっとこの方法です。写真付きで私の置き肥のやり方をご紹介しています。簡単です。

散歩中のおばちゃんの仰ることには「じゃがいもは、そうとうでないと失敗はしないよ」ということなので、それほど神経質にならずとも大丈夫です。

ここ数年間は置き肥で植え付けています。ずぼらな私でもじゃがいも栽培だけは失敗したことがありません。ありがたいことに毎年豊作です(*^^*)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました