長野のぶどう新品種【クイーンルージュ】味や特徴は?いつ頃から買える?

長野のぶどう新品種【クイーンルージュ】味や特徴は?いつ頃から買える?生活

2018年9月20日に長野県からぶどうの新品種の正式報告がありました。

長野県須坂市の果樹試験場が開発したぶどう、その名も「クイーンルージュ」女王の口紅!

「高級感と鮮やかな赤のイメージ」から公募で名付けられました。高貴なネーミングですね。素敵です。

ナガノパープルやシャインマスカットもたいへん人気のあるぶどうですが、それに続くぶどうの新品種です。味が気になりますね!

クイーンルージュの特徴などをまとめてみました。

スポンサーリンク

ぶどう新品種クイーンルージュの味や特徴は?

色合いは鮮やかな紅色~深紅です。皮ごと食べられる種なしぶどうです。シャインマスカットよりも皮の存在が気になりません。少しマスカットのような香りがあります。

食感はパリッとしていて、皮ごと食べやすいです。

甘さに関しては糖度は20%以上になります。(2018年のクイーンルージュの糖度は22~23%

糖度を数字で言われてもピンとこないので比較対象の為、一般的な果物の糖度をまとめてみます↓

ぶどう(巨峰)18~20%
ぶどう(シャインマスカット)20%程度
ぶどう(ナガノパープル)18~20%
りんご(フジ)14~17%
15~18%
11~16%
12~15%

20%以上の糖度は、かなり甘く感じますね。糖度20%のぶどうを食べた感想で「飴玉をなめたようだ」と言われている方もいらっしゃいました。甘さは期待ができますね。

一房で400~440g、一粒の重さは12~13g。

木が成長すると粒は少し大きくなる傾向があるので、年々大きくなる見込みがあります。

ちなみに巨峰一粒は10~12gです。シャインマスカットは一粒12g程度ですので、大きさも十分で食べ応えがありそうですね。

スポンサーリンク

収穫期は9月下旬頃、シャインマスカットよりもほんの少しだけ早いですが、ほぼ同時期ですね。

 

試食した生産者さんたちの感想は「おいしい!」「シャインマスカットのような爽やかな甘さ」と高評価です。

クイーンルージュを味見した農園の方の感想もありました。シャインマスカットの血をひくぶどうですが、やっぱり味が違うようです。食べるのが楽しみですね。

シャインマスカットとは違った独特の風味があって美味しかったです。これだったら色だけではなく味の面でもシャインマスカットと差別化出来そう?

引用元:シャインマスカット農園日記

クイーンルージュはいつ頃から買える?

2022年が本格的な市場出荷になるようです。

苗木が販売され始めていますね。現在は長野県限定で販売されています。クイーンルージュの苗木購入・栽培には契約書の提出が必要です。

シャインマスカットは海外流出や他県流出されてしまいました。そのためクイーンルージュは知的財産権の保護を厳重に考えているようです。

他県や海外での品種登録や中国語表記での商標登録を進めていくようですね。

将来は輸出もされてブランドぶどうになりそうです。期待感が高まります!

クイーンルージュの両親は?

シャインマスカット(花粉親:花粉) × ユニコーン(種子親:めしべ)です。

<ユニコーン>
旧ソ連生まれ。細長くとがった形がユニコーンの角のようだと名付けられた赤いぶどう。皮ごと食べることができ、サクサクとした触感です。栽培が難しくあまり見かけません。
<シャインマスカット>
農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所で生まれました。2006年に品種登録され、そのジューシーで上品な甘さと香り、皮ごと食べられるパリッとした触感で人気の高い黄緑色のぶどうです。

さいごに

クイーンルージュはシャインマスカットに似た爽やかな甘さですが、クイーンルージュ独特の味です。どんな味なのか食べるのが楽しみですね。

クイーンルージュ(紅)・シャインマスカット(黄緑)・ナガノパープル(濃紫)

長野県のぶどうは、色と食感にそれぞれの特徴があるこの3品種が3本柱になっていきそうです。

今のところクイーンルージュは2022年の秋から買える予定です。

クイーンルージュに出会ったときはご賞味いただいて、ファンになってくださいね。そして美味しいぶどうを食べに、産地の長野県へぜひいらしてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました