長野方言するしない?聞いたことがある長野方言ご紹介【北信版】

長野方言するしない?聞いたことがある長野方言ご紹介【北信版】生活

長野の方言でよく聞く「するしない」

するの?しないの?いったいどっち?!(笑)

そんな疑問のお答えと、私が実際聞いたことのある長野の方言をご紹介します。

私は長野北部に住んではいますが、長野県育ちではありません。長野の方言を聞くと「長野」を実感します。

スポンサーリンク

長野の方言「するしない」の意味は?

「するしない?」の意味や使われ方を調べてみると、同意を求める時に使うのだそうです。

 

「そうするしない?」⇒普通はそうするんじゃない?するよね?(同意を求める)

 

上記のような、相手に「そうだよね?」と問いかけ、同意をしてもらいたいときに使われます。会話の流れからだと判断しやすと思います。

そして、もう1つ同意を求めるという点で似通っていますが、勧誘的な意味もあるそうです。

 

「ランチするしない?」⇒「ランチするよね?」(同意を求める)⇒「ランチ行こうよ!」(勧誘)

「遊びに行くしない?」⇒「遊びに行くよね?」(同意を求める)⇒「遊びにいこうよ!」(勧誘)

 

長野の「するしない?」奥が深いですね。長野のママ友と話すとよく「~だしない?」「~するしない?」をよく耳にしますよ。

 

私の母親は長野北部の出身です。

なので、私は親戚の集まる夏休みやお正月には「~するしない?」「「~だしない?」をよくきいていたこともありニュアンスは何となく知っていました。

しかし、県外出身の旦那は「するしない?」を初めて耳にした時に、「するのかしないのか?一体どっちなんだ?!」と本気で考えたそうです。

長野の方言「するしない?」をわが子が使う…

最近、長男が「それするしない?」と言いました。

「それするんじゃないかな?(普通それするよね!)」ということです。(同意を求める)

 

長男が長野の方言を使ったことに、ちょっと違和感がありました。

私も旦那も使わないからです。

私も旦那も長野育ちでないので2人とも長野の方言は、ほぼ使いません。

長男は小学校2年生。親との生活よりも学校での生活時間が長くなっています。お友達と話す時間も増えているんです。友達との会話でそういう言い回し(方言)があるのでしょうね。

長野育ちの子供なんだなぁって実感しました(笑)

私が聞いたことがある長野方言【北信版】

長野方言はお年寄りとお話するとよく聞くことができますね。

ラジオで聞いた長野方言やお年寄りと話したときに聞くことができた長野方言をご紹介します。

ずく

「ずく」とは「やる気」「根気」のこと。

これは私が移住して最初に「?」と感じた長野方言です。

農作業中に聴いていたラジオで知った方言。ラジオで毎日流れていた番組が「坂ちゃんのずくだせえぶりでい」(長野ではおなじみのSBCラジオ放送の番組)です。

番組中に♪ずくだせえぶりで~♪とリズムよく流れるんです。

最初は意味が分からないし、聞いたこともない言葉だったので何を言っているのかさっぱり分かりませんでした。

祖母にたずねてみると、「ずく」とは「やる気」「根気」のことだそうです。

そういえば、私の祖母が「やりたいことはたくさんあるんだけん、もう歳とたっからズクなしでねぇ…」と使っていました。

やらなければならない事があるけれどやる気が出なくてできないということです。

※「あるんだけん」=「あるのだけれども」という意味。「~けん」は「~だけれど」の意味で、逆説の接続詞です。

りんごがボケる

収穫から時間がたってりんごが柔らかくなり、水分も抜けてきて、味がぼやけること。

春先の柔らかくなったりんごを食べたことがあるでしょうか?美味しくないですね。シャキッとした歯ごたえの、ちょっと酸味があって、美味しいりんごから遠い存在になってしまったことを「りんごがボケた」と言います。

スポンサーリンク

りんご県長野ならではの方言でしょうか?私は昔から使っていたので、方言とは思いませんでした。三重県出身者の旦那にも聞きましたが、三重県でも使っていたということですが…。

べちゃる

「捨てる」の意味。祖母の家では悪くなってしまった野菜や果物は庭にべちゃります。

「まえでにべちゃって」というのをよく祖母が言ってました。空間的に前であることを「まえで」といいます。玄関先の庭の一角に生ごみをすてる場所がありまして、そこに捨てておいてということです。

祖母の仲良しのお茶のみ友達は「まえでのみっちゃん」でした。祖母の家の前(玄関方向)の家に住んでいるみっちゃんという優しいおばあちゃんでした。

なっちょかい?

「なっちょ?」⇒「どう?」ということです。様子を聞くときに使います。

これは祖母から習いました。

祖母の手料理を食べているといつも「なっちょかい?」と。「どう美味しい?」ということ。

「具合はなっちょかい?」⇒「具合はいかがですか?」とかも使いますね。

わにない(わにる)

「わにない」⇒「人見知りしない、いい子だね~」のような感じです。

これは子供が生まれてから知りました。

長男が小さい時は(1歳くらい)、誰にも人見知りしないニコニコとしている愛想のいい子でした。

スーパーへ買い物に行くと誰にでもニコニコしていたので、「可愛いね~、わにないねぇ~」と、よく買い物中のおばちゃんたちに言われました。

~かや?

「~かな?」ということです。

「この味付けちょっと辛いかや?」みたいな感じ。

私は最近「~かや?」だけは自然に口から出てくるようになりました。長野のおばちゃんになってきましたね。

「これでいいんかや?」これでいいのかな?みたいな感じ。

いいさぁ~

「いい(↓)さぁ~(↑)」発音はこのような感じになります。

長野の方言かどうか分かりませんが、イントネーションが気になりました。

「いいよ、いいよ、気にしないで」ということ。

近所のおばちゃんに何かをしてもらったり、いただいたりしてお礼を言うと「いい(↓)さぁ~(↑)」と返事が返ってきます。

ママ友にもお礼を言うと「いい(↓)さぁ~(↑)」とお返事が。

きっと北信地方の言い回しなんですね。

ちなみに長野北部では半袖は、「はん(↑)そで(↓)」という発音です。

こすい

「ずるい」という意味です。あんまり良い意味ではないですね。

長野へ移住して務めていた会社の社長さんが、「今度働きにくる人は、こすい人じゃないけん」っと言っていました。

過去に何かあったのかな??

とんでいく

「ほらほら、とんでかないと間に合わないぞ」

「走っていく」「急いでいく」という意味合いで使われていました。私が急いでいると、おばあちゃんが「ほれ、とんでけ、とんでけ!」とよく言っていました。

「走る」を「とぶ」と表現するようです。

おら

自分のことを「おら」といいます。

お年寄りはもちろん、わりと若い人でも、調子よく話す時には自分のことを「おら」と言います。女性でも使います。

ほとばす

水に浸すことです。

よくおばあちゃんが、乾燥した豆を水に浸してもどすことを「ほとばす」と言っていました。

まとめ

長野では特にお年寄りとお話していると、自然に耳に入ってくる方言があります。

4年ほど前に私の大好きな祖母が亡くなりました。おばあちゃんの達者な長野方言を聞くことがなくなって寂しいです。

長野の方言は他にもたくさんあるので、興味がある人は調べてみてくださいね。

私は北信(長野県北部)に住んでいますが、長野は南北に長いので地域によって使われる方言もちがってきます。

長野の方言が50音順でまとまっているホームページがありますので、ご紹介しますね↓

ながのモール

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました