※記事内に広告を含みます。

「面接後の連絡待ち」一週間をどう過ごすべきか?

「面接後の連絡待ち」というのは、就活生にとって特別なものですね。

ある日、順調に進んだ面接が終わりに近づき、面接官は優しい笑顔でこう言いました。

「今日はお疲れ様でした。一週間以内に結果をお知らせしますね。」

そこから一週間、面接の結果を心待ちにしていましたが、連絡は来ず…

そして、ポストに履歴書と「今後のご成功をお祈りします」という手紙が届きました。そう、不採用の知らせでした。

何度読み返しても結果は変わらない…。

 

こんな経験、就職活動をしている人なら誰もが一度はするものです。とても辛いものですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

採用の「待機期間」について

多くの企業では、優秀な人材を他の企業に取られないよう、選ばれた応募者には速やかに採用の結果を伝えるのが普通です。

これは、面接の翌日や、場合によっては面接当日、あるいは面接中に即座に結果を伝えることも含みます。

では、なぜ面接後に一週間の待機期間があるのでしょうか?この期間は、第一希望の候補者が確保できなかった場合の「保留期間」と見なすことができます。

また、応募者が自ら求人を積極的に探すかどうかにも関係します。通常、特定の業界や企業への強い興味がない限り、自分で企業のウェブサイトを検索し、求人情報を探すことは少ないものです。

そのため、企業はどうやって優秀な人材の関心を引き、面接に誘うかを考え、結果として求人広告に費用をかけます。

採用プロセスには費用と時間がかかり、多数の応募者の中から最終的に一人を選ぶのは簡単ではありません。

最終候補者が他のオファーを選んだり、面接を通じて考えが変わったりした場合、企業は採用プロセスを一からやり直さなければなりません。

採用プロセスは企業にとっても費用と時間がかかるため、避けたい事態は当然です。

この「待機期間」は、予期せぬ最悪の状況を回避するために設けられているのです。

 

スポンサーリンク

次の一歩を前向きに踏み出そう

面接後に「一週間以内に連絡します」と言われた場合、残念ながら不採用の可能性が高いと考えるのが妥当です。そのため、次の機会を探すべく、心を切り替えて行動に移すことが大切です。

毎日たくさんの求人が公開されているので、ただ待っているだけでは良い機会を逃してしまうかもしれません。一週間の待機期間を有効活用し、別の企業への応募を進めることが、内定を獲得するための効果的な方法です。

また、この期間中に他社から内定をもらった場合でも、後で最初の企業からの内定が届いて、それがより魅力的な場合は、最初の内定を辞退することもできます。

これは、最初の企業もあなたを一週間のキープ期間に置いていると考えられるためです。

このような場合には、自分のキャリアにとって最善の選択をすることが何よりも重要です。

 

スポンサーリンク

面接してから1週間後の連絡について

この記事で、一週間後の連絡に関することをお伝えしましたが、実際には例外的なケースもあります。

私自身の経験を例にすると、ある時、面接から一週間後にきちんと二次面接の連絡が来たことがあります。その企業は、応募者一人一人に細かく目を通していたのかもしれません。

ですから、一週間後に採用連絡が来ることも、起こり得るのです。

言いたいのは、「一週間以内に連絡します」と言われたとしても、すぐに希望を諦める必要はないということです。

今日終えたA社の面接の後、もしかすると先日受けたB社から採用通知や二次面接の案内が来ているかもしれません。

そんな小さな期待を持ちつつも、積極的に次の就職活動を進めていくことが大切です。時間は無駄にできませんから。

また、面接結果の連絡が遅れる他の理由も理解しておくと、より良い対応ができると思いますので、以下の情報も参考にしてください。

 

スポンサーリンク

面接結果の連絡が遅れる理由について

面接の結果の連絡が遅くなるのには、いくつかの理由があります。

複数の候補者の比較

大手企業や人気の企業では、一つの職位に対して多くの応募があります。

あなたと同じ時期に面接を受けている他の候補者たちとの比較検討が行われるため、結果が出るまでに通常よりも時間がかかることがあります。

 

優先順位で選ばれていない場合

あなたよりも評価が高い候補者がいる場合、その候補者にまず内定を出し、その後であなたへの連絡が行われます。

最終面接であれば、他の候補者の返答を待ってから結果が通知されることもあります。

 

連絡が後回しにされることも

不採用が決定している場合、多忙な人事担当者は合格者に優先して連絡を行います。

また、不採用の通知で悪印象を避けたいため、意図的に連絡を遅らせることもあります。

 

企業担当者の多忙

人事担当者だけでなく、実際の部署の担当者が忙しいために、面接結果の報告が遅れることもあります。この場合、遅れはあなたの評価ではなく、企業側の都合によるものです。

 

次の面接日程の調整

面接結果の通知と同時に次の面接日程の案内が必要な場合、日程調整に時間がかかることがあります。特に、社長や役員が面接に関わる場合は、日程が決まらずに連絡が遅れることがあります。

 

就職活動、頑張りましょうね。