忘年会の余興に困ったら!簡単に準備できる出し物10選

季節のイベント

年末になると仕事でもプライベートでも何かと忙しくなってきますよね。

ただでさえ忙しいのに忘年会で余興を担当することになり、焦っているあなた。一緒にどんな余興をしたら良いのか考えましょう!

スポンサーリンク

盛り上がるのはダンス!簡単でウケのいいものは?

一見ハードルが高そうに見えるダンスですが、個人で振り付けさえ覚えてしまえば、あとは1,2回全員で集まって立ち位置を決めればもう立派な余興になります!

忘年会の余興は舞台でも、人生の節目の結婚式でもないのでそこまで完成度が高くなくてOK。気楽に本人たちが楽しんで盛り上がりましょう!

むしろ振り付けを間違えたり、物凄くダンスが下手な人がいたりするのが忘年会の余興の醍醐味ではないでしょうか。

では、簡単に覚えられてウケのいいダンスはどんなものがあるでしょうか?

ゴールデンボンバー「女々しくて」

忘年会のド定番ダンス。年末の紅白歌合戦では4年連続この「女々しくて」を披露していたので、年末といえばゴールデンボンバーの「女々しくて」が定番になりました。

振り付けはとっても簡単で誰でも踊れるし、みんな知っている曲&振り付けなので盛り上がること間違いなし!

本格的にやりたい方は是非顔を白塗りにして、樽美酒研二さんのモノマネをしてみてください。

私はゴールデンボンバーが本格的に流行する前に披露宴のお芝居で「女々しくて」の曲&ダンスを1シーンぶち込んだことがありますが、観客はゴールデンボンバーも「女々しくて」も知らない状況だったのに何故か盛り上がりました。

ゴールデンボンバーの曲はテンポもよく、耳なじみが良いので「「女々しくて」飽きちゃったよ。」という方は、「また君に番号を聞けなかった」や「酔わせてモヒート」にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

DA PAMP「USA」

こちらも誰もが分かるし、踊れるのでとりあえずサビだけでも覚えてみましょう!

サビ以外はみんなも振り付けをよく覚えていないと思いますので、適当にリズムに乗っておけばOKです!サビになったら観客を仰いで全員で踊り明かしましょう!

<NHK>2020応援ソング「パプリカ」

こちらも知っている人多いのではないでしょうか?NHKの公式動画でも振り付け解説動画がありますのでそれを見て覚えましょう。

子供に大人気の歌と振り付けなので、パパママが多い職場では一緒に踊ってしまう方も多いかもしれません。

来年はついに東京オリンピック2020が開催される年なので、忘年会の余興で披露すれば絶対に盛り上がるでしょう。

ヤバイTシャツ屋さん「ハッピーウエディング前ソング」

元モーニング娘の辻希美さんと夫の杉浦太陽さんが踊ってみた動画を配信して今年、一気に話題になりましたよね。

しかしダンスがキレッキレで複雑だし早いし、ダンスが苦手な方にはレベルが高いです。

余興チームに踊れる人が2人いたらカップル役で踊ってもらって、残りのメンバーはPVのエキストラのように歌ったり通りすがったりしたらいいと思います。

スポンサーリンク

忘年会の余興ド定番はやっぱりコレ!

余興チームで「ダンスはちょっと・・・」という雰囲気になったら別の催しを考えなくてはなりませんね。

余興といえば芸人さんのパロディもド定番です。今年はどんな芸人さんが流行ったか、おさらいしましょう。

チョコレートプラネット「IKKOさんと和泉元彌」「TT兄弟」

今年大ブレイクしましたね~。IKKOさんと和泉元彌のモノマネだと「そろりそろり」「どんだけ~」を連発すれば乗り切れる気がしますが、衣装の手配が難しいのが難点です。

TT兄弟のモノマネは髪をひっつめて体操着を着て、会場のTを探すだけなのでこちらが簡単に出来ます。

Mr.シャチホコ「和田アキコ」

こちらはピンでスベッたときにダメージが大きすぎるので、男性メンバー全員でモノマネをしましょう。

適当にアッコさんトークをした後に全員で和田アキコやミスチルの歌を熱唱すれば尺も埋まるし盛り上がりますよ!

EXIT

チャラい格好で何かチャラいことを言えばウケること間違いナシ!ただちょっと「モノマネ感」が難しかったり、年配の方には分からないネタかもしれないのが難点です。

ウケ狙いでスベるのが恐怖すぎる!というあなたへ

ダンスや芸人のモノマネ、スベッたときのことを考えると怖すぎますよね。

そんなときは、「笑いでウケを狙う」のはやめて、「芸を見せて盛り上げる」のはどうでしょう?

楽器演奏

余興チームに1人くらい本物の楽器を趣味にしている人はいませんか?

本物の楽器を趣味にしている人を中心に、他の余興メンバーは100均で売っている楽器で一緒に演奏しましょう!

100均の楽器といっても、リコーダーやタンバリン、カスタネットなど楽器の種類も豊富です。

エアー芝居

お芝居というと、普通に生きている人には全くイメージのつかないものだと思いますが、本格的に台本書いてお稽古して発表する、ということではありません。

何か好きなドラマや映画のワンシーンの音声だけを流して、あとは場面に合わせて口パクで大げさに身振り手振りすればOK!

台詞を忘れる心配もありませんし、振り付けのように決まりきった動きでは無いのでその気になれば練習1回で本番を迎えることもできます。

エアー宝塚歌劇団

こちらもエアー芝居と同じで、宝塚の音声を流して大げさに身振り手振りをすればOK!

最近はメディア露出も多く、女性ファンがとても増えてきているので女性が多い職場では盛り上がることでしょう。

少し本気度を高めるのであれば、濃い宝塚メイクにして髪もビシッと男役みたいなリーゼントを作ってみてください。

今は元宝ジェンヌの宝塚メイク・ヘアの作り方の動画などもありますのでぜひそちらを参考に!

まとめ

いかがでしたか?色々とアイデアを考えてきましたが、大事なことは「余興チームがやっていて楽しめること」です。

ただ余興をやらされているのでは会場は盛り上がりません。せっかく忘年会で余興をするのであれば思いっきり楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました